日給月給制という給与制度をご存知でしょうか。

日給は珍しい雇用形態です
日給は珍しい雇用形態です

日給月給制の特徴とは

日給月給制という給与制度をご存知でしょうか。給与の支払いの制度の一つなのですが、今一つ定義が分からないという人も多いようです。求人広告などでも記載されているこの日給月給制。良く知らないままでいると、入社した後に思わぬトラブルになるかもしれません。日給月給制とはあらかじめ定められた月額があり、欠勤や遅刻や早退などをした場合はその時間分を給与から控除する給与形態のことを指します。

日給制との違いは、日給制は働いた日数分だけしか給与がもらえないため月によってもらえる給与額が変化します。一方、日給月給制は欠勤や遅刻や早退をしなければ月額の給与は変わることはありません。まとめてしまうと日給は働いた日数分で給与が決まる、日給月給制は休んだ日数で給与が決まるといったところでしょうか。

ただ、実際に勤務していると自分が日給制なのか日給月給制なのかわからなくなる場合もあるかもしれません。その場合は労務担当者に対して次のことを確認をしましょう。もし欠勤や遅刻や早退をした場合、有給休暇を使用しないと給与が月額から差し引かれるのかです。もしそうであれば日給月給制であることが分かります。このようなことは自身の判断でなく、しっかり確認することが大切になります。