日給は、働いた日数によって給料が決まる賃金の形態のことを言います。

日給は珍しい雇用形態です
日給は珍しい雇用形態です

働いた日数で給料が決まる日給

日給は、働いた日数によって給料が決まる賃金の形態のことを言います。出勤すればするだけ、当然ながら給料も増えることになるため、稼ぎたい時には魅力的な形態だと言えます。例えば、短期間でとにかく稼ぎたい場合は、月給よりも日給の方が出勤すればするだけ給料も多くなるため、日給はメリットがあると言えます。日給の賃金形態を導入している企業は、波のある仕事の量の場合があります。例えば、仕事の量が多い繁忙期がある一方で、仕事が少ない閑散期があることも事実です。

ですから、稼ぐことを考えると繁忙期は仕事の量があるため、出勤回数も増えることから稼ぐことが出来ます。閑散期の場合は、他の仕事と掛け持ちをするダブルワークをすることで、日給だけの稼ぎによる閑散期の稼げない状態を回避することが可能です。また、繁忙期に稼げるだけ稼ぎ、閑散期はゆっくり過ごすという生活を好んでいる場合は、日給制の企業で働くことはメリットがあります。ただし、企業によって繁忙期よりも閑散期が長くなってしまう場合があります。繁忙期よりも閑散期の方が長くなってしまうと、それだけ稼ぐことができなくなるので、日給制を採用している他の企業に入社することで、閑散期が長いリスクを回避出来ます。